TOIN JAPAN実績紹介
TL120R-JPの特徴

企業節電の切り札
工事不要が最大の特徴

ほとんどのLED蛍光管タイプは配線工事や安定器・器具の交換工事を必要としていますがTLシリーズは工事不要で既存の器具にそのまま取り付けられるのが最大の特徴です。

その秘密は特許のスマートインストラクションシステムにあります。安全で簡単にすぐにLED化したいときや、工事のできない貸しビルなどに最適なアイテムです。

取り付け工事不要

工事不要がテクルクスの設計コンセプト。
テクルクスの高い技術力が、FL/FLR※1をはじめとして最新のHF安定器※1が内臓されたほとんどの蛍光灯器具に工事なしで装着できる蛍光管型LEDチューブライトを開発しました。l※2その上100v直結工事でも点灯させることができ汎用性が広がりました。
※1:マッチングテストされていない器具もあります。
※2:日本において特許出願中

電気代が約半分に

通常の40W蛍光灯に対して、TL120R-JPの消費電力は安定器を含めて約22W。
節電が緊急に迫られる今、すぐにLEDに変更できるアイテムです。
工場や店舗、オフィスなど交換するだけで電気代が約半額になりCO2の排出量も半減します。まさにECOな時代の先端照明です。

信頼のサムスンLEDを使用

TLシリーズには韓国サムスン製のLEDチップが使用されています。品質にすぐれ保障が行き届いていることが世界で実証されています。
TL120R-JPには約130個(使用LEDにより数がことなる場合があります)のLEDチップが搭載されています。もちろん日本でのパテントの問題もありません。

パナソニックの先進技術も導入

TL120R-JPの基盤にはパナソニックによって特別に開発された基盤が用いられています。全体の部品も約60%は日本製を使用し、抜群の信頼性があります。

約40,000から50,000時間の長寿命

LEDの寿命は約4から5万時間、一日点灯したままでも5年間で照度が70%の長寿命です。優秀なコンデンサでも10000時間の寿命ですが、TL120R-JPにはLEDテレビに使用する長寿命コンデンサを使用しています。

寿命の長い従来の蛍光管が連続点灯で1年とすると約5倍、交換や廃棄の手間を考えるとLEDは圧倒的な経済性があります。

飛散防止機能で安心安全

工場などでもとめられる高価な飛散防止機能、TL120R-JPではガラスではなく特殊開発された拡散効果の高いポリカーボネイトを使用しているため地震など万が一のときもガラスが飛び散る心配がありません。

紫外線が少なく目に優しい光

TL120R-JPに使用されているLEDは紫外線を含んでいないため商品をいためない優しい光です。ちらつきが少ないために目にも優しい光源です。(LEDを長時間直視することは他の光源と同じくご注意ください) 虫のこのまない周波数帯があるため虫が近寄りにくい光であるということができます。

ホコリがつきにくい

他社製の放熱板はホコリがたまりやすいものが多く、故障の原因となってきました。
テクルクスのLED蛍光管放熱部分には軽量で特殊コーティングされたアルミが使用されほこりのつきにくいボディーになっています。
また,従来の蛍光管と比べて3度ほど温度が低くなり、多くの本数を使用するオフィスなどでは冷房効果に大きく影響します。

2から5年※のメーカー保証

万が一保証期間内に故障がおきても、保証書規約に基づいて日本代理店のトインジャパンがサポートを対応いたします。アフターサービスも万全です。
※メーカー保証2年,販売契約により保証期間は異なります。

安心・安全の100万ドル保険加入

万が一のときも100万ドルまで保証されているPL保険に加入しています。日本国内で起きた対人・対物事故に関して補償が約束されています。

安定器の負担を軽減

通常よりも消費電力が少なく安定器に優しい蛍光管です。安定器をいためる心配はありません。

ヨーロッパ基準のCEマークを取得

電磁波などの問題がありません。
※日本国内でのLED交換型蛍光管に対するJIS規格は現時点でまだ制定されておりません。

標準タイプでロータリー式を採用。照射方向の変更が可能になりました。